岩手県第3位!!! 「ノーザンライズFC」全日本U15フットサル選手権岩手県大会レポート(1)

この夏、コロナ禍の中にありながらもオリンピックとパラリンピックで盛り上がっているところですが、実は8月8日、9日と花巻市総合体育館で「全日本U15フットサル選手権大会」が行われ、初出場の我がノーザンライズFCは見事(惜しくも?)岩手県第3位という結果を残しました。
遅ればせながらではありますが、その様子を3回に分けてレポートします!

(2回戦 VS「FCヴィヴァーレウォーヴォ」の様子のレポートはこちら

公式試合初出場「ノーザンライズFC」

ノーザンライズでは、これまで「花巻蹴球塾」を開講し、小中学生の選手たちに、サッカーやフットサルに役立つ様々なスキルを教えてきました。

また、指導者の相根澄コーチは、世界最高水準のフットサルを経験した方であり、フットサルやサッカーに対する心構えやそのノウハウを選手たちに伝えてきました。

 

せっかくそういった最高水準の指導をしてもらっているのだから、その成果を「試合」という形でどこかでやってみたいなーと思っていましたが、選手たちの自分の所属チームの都合もあり、なかなか試合ができないでいました。

 

今回、「花巻蹴球塾」の中心選手である中学3年生が、所属チームの大きな大会(中総体等)が終わり一区切りついたこと、そして「花巻蹴球塾」には参加していない選手も含め、高校でプレーを続ける選手にとってはとても大事な時期に、真剣な「試合」を意識してプレーする環境を設けること、等の理由から「全日本U15フットサル選手権岩手県大会」に初参戦することにしました。

 

大会に向けての交流試合

大会はもちろんのこと公式試合は初であり、7月初旬に大会参加を決めてから試合形式の練習を取り入れるなど急ピッチで準備をし、春に交流試合を行った「ブエナビスタ北上」さんや花巻市中総体サッカー競技の優勝校である「矢沢中学校」さんと練習試合するなどして実戦感覚を養いながら、大会に臨みました。

 

 

 

1回戦 VS大船渡一中(8月8日)

初の試合ということで非常に緊張感がありました。

練習通りのスタイルで試合ができない。

バタバタしてしまった守備のスキをつかれ先制されてしまいます。

 

しかし、落ち着きを取り戻したノーザンライズFCは、相手守備陣にプレッシャーをかけ、こぼれ球から同点。

ギリギリの人数で参加してきた大船渡一中の疲れも見える中、守備陣のスキをついて逆転に成功。

しかし、大船渡一中はさすが県中総体ベスト8のチーム、疲れながらも生懸命ボールを追いかけてきます。

一進一退の攻防ながら、ダメ押し点を入れなんとか試合をものにしました。

 

1回戦 3-1 VS大船渡一中

 

 

 

 

 

次回は、2回戦 VS「ヴィヴァーレウォーヴォ」の様子をレポートします!